当院について

医師紹介

院長 松原 忠久
[月・火・木・金曜日診療担当]
昭和39年 名古屋市立大学医学部 卒業
昭和40年~昭和48年
  名古屋市立大学病院眼科勤務
昭和44年 同大学院修了 医学博士
昭和48年 医療法人松久会 松原眼科院長就任
平成元年4月1日~
  日本眼科学会 専門医
  • 財団法人 名古屋公衆医学研究所
  • 財団法人 公衆保健協会
  • 人間ドック眼科部門担当医
  • 名古屋和合ロータリークラブ会員
副院長 古田 節子
[水・土曜日、午前診療担当]
昭和47年 名古屋市立大学医学部 卒業
昭和48年 名古屋市立大学病院眼科勤務
その後名古屋東市民病院を経て現在に至る
平成元年4月1日~
  日本眼科学会 専門医

松原眼科のあゆみ

昭和11年(1936年) 母、秋が吹上ホール北150mの飯田街道沿いに松原眼科医院開業。
昭和20年(1945年) 戦争で全焼、一時期中断。終戦後間もなく父義久、母秋が昭和区川名本町2-2にて再び開業。外来、入院、手術を行う。
昭和30年(1955年) 名古屋駅前に豊田ビル落成と同時に1階にて開業。
川名本町を義久が、豊田ビルを秋が主として診療
昭和48年(1973年) 母、秋 体調不良にて息子忠久が豊田ビルの診療所を継承。
平成5年(1993年) 医療法人松久会(ショウキュウカイ)松原眼科に変更。
平成14年(2002年) 「ミッドランド・スクエア」建設のため、第二豊田ビル西館2階のクリニックフロアーに移転。
平成23年(2011年) 息子 明久が中村区豊国通六丁目、地下鉄東山線岩塚駅南に松原眼科 岩塚クリニック開業。
平成24年(2012年) 第二豊田ビル建て替えのため道を隔てた北側の名古屋クロスコートタワー2階(クリニックフロア)に移転。

紹介病院

トピア コンタクト