目の病気

麦粒腫(ものもらい、めんぼ、めばちこ)と霰粒腫

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は瞼の脂腺や汗腺が細菌感染によって急性に化膿するもので、瞼の縁近くが赤く腫れて、押さえると痛みがあります。 売薬の目薬を使っても2~3日で治らないときは、早めに眼科に罹ってください。1週間以上にわたって放置すると、周囲に肉芽が出来て、しこりとなりきれいに治りにくくなります。抗生物質の点眼や内服を使っても化膿がおさまらず、膿点がはっきりしてくれば、切開して膿を出した方が早く楽になります。日常コンタクトレンズを使っている方は、瞼が腫れたり痛かったり、少しでも異常を感じたら、絶対にコンタクトレンズを入れない様にしてください。またレンズを装脱する時には、必ず手をよく洗って不潔にならない様に十分注意してください。

麦粒腫と同じ様に腫れても、押さえて痛みが無く、硬いしこりとなる物に霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言うのがあります。これは瞼にあるマイボーム腺という脂腺がつまって、慢性の肉芽性炎症を起こしたものです。治療法は局所麻酔をして、結膜側や場合によっては皮膚側からも切開して、内容物を掻爬(そうは)し摘出します。

ページの先頭へ戻る

結膜炎

結膜炎にも色々な種類があり細菌性、ウイルス性、アレルギー性などがあります。なかでも現在最も注意しなければいけないのはウィルス性結膜炎で、その代表的なものが、流行性角結膜炎です。伝染力が非常に強いため、家族内、職場内、学校内などで集団発生する危険があり、伝染予防に十二分な注意が必要です。

また、近年著明に増加し、結膜炎の主流を占める様になったのがアレルギー性結膜炎で、杉を始めとする様々な花粉やダニ、ハウスダストなどに対するアレルギーが原因です。アレルギー性結膜炎は眼の充血、痒み、涙、異物感や白っぽいメヤニを少量伴うことがありますが、非感染性で他の人にうつる心配はありません。頻度としては、全人口の15~20%が罹患しているとても多い疾患です。

ページの先頭へ戻る

ドライアイ

眼の表面はたえず涙で潤されて、Wetの状態でないと、ドライアイという障害が発生します。
ドライアイとは「涙液の量的または質的な異常により、引き起こされた角結膜上皮障害」と定義されています。ドライアイには涙腺からの涙の分泌量が少なくなる、シェーグレン症候群という病気に代表されるものと、色々な原因で、涙の蒸発が亢進することによって起こるものとがあります。

ドライアイを悪化させる要因は3つのコン(パソコン、エアコン、コンタクト)であるということが言われています。
第1番がパソコンです。仕事で1日中パソコンの画面を見続けていると、まばたきが著しく減少し、涙が蒸発して目の表面が乾燥し易くなります。1時間に10分程度目を休めたり、人工涙液を点眼したりして、目の乾燥を防ぐ必要があります。
第2番目がエアコンです。オフィスで空調の吹出し口のそばに座って仕事をしていると、その風で涙が蒸発してしまいます。吹出し口の風の向きを変えたり、席を変わったり、意識的にまばたきを多くするなどして、乾燥しない様にして下さい。

第3番目がコンタクトレンズです。コンタクトレンズ上の涙の厚さは、装用していない人の角膜上の涙の厚さよりも薄く、特に汚れたレンズの表面は短時間で乾燥してしまいます。
最近では酸素透過性の良い、シリコンハイドロゲルという新しい素材を使った、使い捨てのソフトコンタクトレンズが発売されており、これを使うと乾燥感を軽減するのにいくらか良いと言われています。

ページの先頭へ戻る

白内障

白内障にも、先天性のもの、外傷性のもの、糖尿病やアトピーに合併して起こるもの、ぶどう膜炎に併発するものなど、色々な種類があります。しかし一般的には加齢によって水晶体が濁る加齢性白内障が最も多く、白内障と言えば概ねこれを指します。

白内障の治療は、初期のうちは眼薬による進行予防を行います。白内障の手術は年齢、職種などにより、必要とする視力にも違いがありますので、その人が日常生活に不自由を感じたら医師と良く相談をして受けられるのが良いと思います。手術自体は、近年めざましい進歩をとげ、小さな切開で短時間に、安全に行える様になっています。摘出された水晶体の後に眼内レンズ(人工レンズ)を挿入して、本来水晶体が持っている強い屈折力を補正する方法が取られることが一般的になっています。

ページの先頭へ戻る

緑内障

緑内障は現在成人の失明原因の第1位で、視神経が眼圧によって障害され、視野が部分的に見えなくなったり、狭くなったりしてきます。眼圧とは、眼球の内圧のことで10~21mmHgが正常とされ、これが21mmHgより高いと、次第に視神経が障害されてくると考えられていました。

しかし最近、日本緑内障学会が多治見市において行った疫学調査から、眼圧が正常でも緑内障の人がたくさんいることが判明しました。緑内障の有病率(病気を持っている人の割合)は40歳以上の成人で5%にものぼり、その内正常眼圧緑内障が3.6%と最も多いことが分かりました。緑内障で視神経が一度障害とされると、元には戻りませんので、目薬や飲み薬、手術などで眼圧をコントロールすることが最も重要です。しかし残念なことに緑内障の患者さんの約8割の人達は治療を受けていません。人間ドックなどで視神経乳頭陥凹を指摘された人は、必ず眼科で緑内障の精密検査を受けましょう。

正常眼圧緑内障 (Normal Tension Glaucoma) NTGという病気をご存知ですか?

  1. 日本では40歳以上の28人に1人がかかっている緑内障で、眼圧が正常なのに、知らないうちにじわじわと視野が欠けてくる病気です。視力は、通常は末期まで正常に保たれますが、一度欠けてしまった視野は元に戻りませんので、早期発見、早期治療が最も大切です。
  2. 自分では気づきにくい病気で、視野が相当欠けても下図の如く視力は良好にでてしまいます。
  3. ご心配のある方は、早めに眼科専門医の診療所で、検査を受けられることをお推めします。

ページの先頭へ戻る

糖尿病性網膜症

日本の糖尿病の患者数は、1990年からの20年たらずで急激に増え続けて3倍近くになっています。2007年の厚生労働省の調査によると、糖尿病890万人、糖尿病予備軍1,320万人、両者合わせて2,210万人に達し、ほぼ国民の5人に1人が罹っている国民病といえる病気となっています。その原因としては過食や運動不足と高齢化の進行が考えられています。

糖尿病の「三大合併症」は網膜症、腎症、神経障害です。糖尿病性網膜症は成人の失明原因の第2位で、糖尿病に罹ってからの年数が長くなる程、網膜症の発生頻度は当然高くなります。初期から十分に注意して厳格な血糖コントロールを行えば、その発生を抑えることができます。一旦、発病してからでは網膜症の進行を完全に止めることが難しくなりますので、糖尿病と診断されたら、自覚症状が無くても定期的に眼科の検診を受
けるようにしてください。その他、糖尿病があると白内障になったり、茶目の部分が炎症を起こす虹彩炎になったり、眼を動かす筋肉が麻痺して物がだぶって見える眼筋麻痺など、色々な眼の病気が起き易くなります。

ページの先頭へ戻る

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

網膜の中で、物を見るのに最も大切な部分は、中心の黄斑部という部分です。黄斑部が 加齢によって悪くなると、物がゆがんで見えたり、中心が欠けて見えたり、視力が低下したりしてきます。欧米では、この加齢黄斑変性と言う病気が中途失明の原因の第1位ということです。日本でも近年急激な高齢化社会の到来と食生活の欧米化などにより、この病気が次第に増加してきています。

自己チェックの仕方

下の格子状の表の中心の白い点を、片目ずつで見つめてください。
片眼を手などでかくして反対の眼を検査します。

○線がぼやけて薄暗く見える
○中心がゆがんで見える
○部分的に欠けて見える

ページの先頭へ戻る

網膜剥離

眼の前に黒いゴミの様な物が出て眼の動きと一緒に動き、あたかも蚊が飛んでいる様に見えることから、飛蚊症(ひぶんしょう)という状態が、近視の人や年をとってきた人にしばしば起こります。これは眼の奥の視神経のまわりの後部硝子体膜が硝子体の液化によって網膜から剥離して、硝子体の中に浮いた状態です。

これが発生した時には、周辺の 網膜に孔があいていないかどうか、精密な眼底検査を受け、もし周辺部に網膜裂孔が見つかれば、その周囲をレーザー光線で焼くことによって重篤な網膜剥離に進行することを予防することができます。

ページの先頭へ戻る

トピア コンタクト